肌ラボ

まつげ育毛剤を使用する前に

まつげの抜ける理由や生えてくる構造を知ることで、まつげ育毛剤を有効に活用し、いいまつげを育てることができます。頭に生える毛と同様、まつげも一定の期間ごとに抜け、そしてまた生えるという周期を持っています。せっかくまつげエクステ、まつげパーマを施しても1ヶ月前後で元通りになるのは、生え替わりが起きているからです。まつげの根本には、まつげを作る細胞である毛母細胞があります。まつげの育毛では、この場所の血行を改善し、栄養がたくさん行き渡るようにします。新しいまつげは毛母細胞の分裂によって生み出されますので、この作用を育毛剤でフォローします。毛母細胞に異常があるとまつげが成長初期の短く弱い毛の段階で抜け落ちてしまいます。一本一本の毛はかなり細いですが、3層に分かれています。中心に毛髄質があり、外側に向かって毛皮質、毛表皮と続きます。毛髄質は毛の弾力性を作っています。育毛剤などで毛髄質に栄養を与えることで、ハリのあるまつげを作ることが期待できます。毛皮質は毛のしなやかさと柔らかさを、毛表皮はキューティクルというウロコ状に重なり合った扁平な細胞が、内部の毛皮質を保護しています。キューティクルによってまつげの水分は保たれてい
るため、キューティクルがパーマなどで壊れるとまつげから水分が失われます。育毛剤をまつげにつけることによって、つややかなキューティクルを守り濃く太いまつげをキープする手助けもしているのです。

まつげの育毛剤の試し方

濃く太いまつげを育てるためのまつげ育毛剤は、多種多様です。新しいまつげを作るための栄養を毛根などに補うタイプのまつげ育毛剤が多いようです。頭髪と同様、傷ついたまつげの毛根の血流を促進し、まつげを作る毛母細胞に栄養を送り込むことで、まつげの育毛を目指しています。まつげの育毛剤は美容液の役目を果たすものもあり、マスカラの下地や透明マスカラとして使用できる育毛剤もあります。育毛剤は使い始めから効果が出るまで数ヶ月かかるものなので、髪の育毛剤と同様、まつげも気長に取り組みましょう。育毛剤に投資したお金を無駄にしないためにも、結果が即座に出てこないからと使用を諦めてしまわないようにしましょう。育毛剤の効果のあるなしを身をもって知るためには、正しい用法や用量でコツコツとまつげを育てていくことです。どのくらい使いつつければいいかは人それぞれですが、少なくとも大体3ヶ月くらいは使い続けてください。効果は個人差がありますから、いろいろ試して自分に合うものを探すことになると思います。育毛剤をつけた最初のうちだけ、まつげの量も長さも増えることがあります。もう一息伸びて欲しいとせっせとつけても、それ以後の育毛ができないという場合もあ
るようです。価格帯や使い方、使い切るまでの期間はそれぞれの育毛剤によって異なります。成分などもしっきり見極め、育毛効果の高いものを探したいものです。

肌ラボ診断メニュー

肌ラボ診断リンク

Ads by Sitemix